サラリーマンお父さん今日のお得日記

サラリーマンのお父さんの節約実践記録の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育資金贈与税非課税措置

こんばんは、ご訪問ありがとうございます!

今日は新聞でみました「 教育資金贈与税非課税措置 」について調べてみました。

教育資金贈与税非課税措置とは
子や孫などの教育資金を親以外の祖父母が支払う場合、一人に対し1500万円まで(学校への支払以外は上限500万円)贈与税がかからず非課税になるという時限措置らしいです。

利用するには金融機関に子や孫(受ける側)名義の口座を開設しそこに祖父母などが一括で預け入れそこから教育資金として使用されたものが1500万円まで非課税となり、孫が30歳になった時点で満期となるようです。

「教育資金非課税申告書(仮称)」を、金融機関を通じて税務署へ提出する必要があり資金を払い出す時は、教育資金の支払いに充当したことを証明する書類を金融機関へ提出する必要があり、その領収書によって金融機関にて最終的に精算されるようです。

教育資金の範囲はまだ決まっておらず文部科学大臣が決めるそうです。

時限措置となっており平成25(2013)年4月1日から平成27年12月31日までの約3年間とのことです。

デメリットは30歳になり精算し残った分には高めの贈与税が掛かってしまうらしいです。

感想としてはお金持ちの富裕層のための制度だなぁということと、最終的に精算を金融機関に委ねるのかという点が気になりましたが、わが家には関係の薄いぽい(笑)です。

コツコツ貯めていきたいと思います。




HP立ち上げました。
サラリーマン節約お得お小遣い生活。

ランキングへ登録しました
応援して貰えるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://setuyakupapa40.blog.fc2.com/tb.php/155-e3e35bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。